iWave iWave Japan, Inc.
TOP
会社情報 事業概要 製品 サービス パートナー リクルート お問い合せ

ソフトウエアのデザインサービス

アイウェーブのシステムソフトウエア開発分野は次の通りです。

組み込み開発の過程で重要な要素は、信頼性、保守性、可用性です。
弊社の組み込みシステムを採用にすることで、優れた機能と高い信頼性を持った組込み機器を低コストで開発することができます。

ルーターソフトウエアの開発

  • 3ネットワークデバイスドライバの設計、開発、テスト
  • PCI WANカード (MPC860 プロセッサ、 4 T1/E1 インターフェース)
  • ISDNデバイスドライバの設計、開発、テスト
  • CPCI ISDN Card、 Character型ドライバの設計、開発
  • カード(TI TMS 62xx DSP プロセッサ、 3 SLIC、1 ANICインターフェース)

トップ↑

ルータプラットホーム開発

  • Monta Vista Linux RT KernelをMPC 860プロセッサに移植
  • Power On Self Test (POST) の開発
  • 電源投入時に自動的に実行される各機器のテスト
  • ソフトウエア、メモリ、HDLCコントローラ、T1/E1、周辺インターフェース
  • ボードの起動(Linux kernel )、データの転送、非同期のテスト

トップ↑

LAP-B データ リンク プロトコル

  • Linux 環境
  • MPC860標準WAN カードの開発
  • 4 チャンネル T1/E1 装備

トップ↑

MPC860ボード上でOC48のテスト及び沛リ

  • Power On Self Testの診断、ソフトウエアの設計、開発、実装
  • OC48データ連結のテスト
  • MPC860標準のDataBinder.Evalメソッドで連結
  • GUIを設計、開発

トップ↑

RISC型プロセッサ評価版プラットフォームの開発

  • 評価版プラットフォーム( 32ビットRISC型プロセッサ、2モード対応 )
  • スタンドアローン組込みモード
  • PCI Add-on モード
  • 標準評価基板(アプリケーションの開発用 )
  • PCIマスタ / スレーブ対応CPLD
  • Windowsドライバの診断サポート
  • 大量生産対応

トップ↑

LINUX、Solarisデバイスドライバの開発及びテスト

  • PCIデバイスドライバの設計、開発、テスト 
  • Linux環境 PCI Mezzanine Card、アナログインターフェース

トップ↑

ISDN ルーター ホスト インターフェース ソフトウエアの開発

  • アダプレーション・レイヤー(コールコントロールレイヤとPCホスト)の設計及び開発
  • ARM7TDMI(RTOS)標準ルータプラットホーム上にて開発
  • ソフトウエアのテスト:アナログ設定G3FAXの送受信
  • デジタル設定G4FAXファックス・ボイスのテスト

トップ↑

IP プロトコルテストスーツの開発

  • 整合性の検証テスト
  • RFC 791、 RFC 1122 と RFC 1812 for IP
  • RFC 768、 RFC 1122 と RFC 1812 for UDP
  • RFC 792、 RFC 1122 とRFC 1812 for ICMP
  • RFC 826 整合性 ARP

トップ↑

IPv6 スタックの設計

  • IPv6スタック設計に向け下記項目の分析
  • RFC 2460 - IPv6 仕様
  • RFC 2373 - アドレス体系
  • RFC 2374 - IP 集約グローバルユニキャストアドレスフォーマット
  • RFC 2402 - IP 認証ヘッダ
  • RFC 1191 - パスMTU 検索

トップ↑

OSPFとRIP の移植(pSOS 2.5)

  • RouterWare's OSPFスタックを pSOS 2.5 に移植
  • OS, IP, RTM コンポーネントの移植
  • VxWorks's RIP を pSOS 2.5.に移植
  • Intel 及び PowerPC プラットフォーム
  • ANVL テストスーツを使用

トップ↑

プロトコルスタックpSOS 2.5 から pSOS 3.0へ移植

  • pSOS上のアプリケーションをほとんど修正なくpSOS 3.0へ移植
  • TCP-IP プロトコルスタック pNA+、
    リモート処理機能装備コールライブラpRPC+ 等
  • ターゲットプロフェツサ:MIPS R5xxx

トップ↑

LINUX USB デバイスドライバUHC-124 コントローラの開発

  • USB スタック デバイス層の設計、開発、テスト
  • USB ドライバ:マウス、キーボード、スキャナ等

トップ↑

ITRON 準拠TCP/IPスタックの最適化

  • μITRON準拠のTCP/IPプロトコルスタック及び
    NSDP83843及びイーサーネットドライバの実装
  • TCP Nagle アルゴリズムの分析及び通信速度の最適化

トップ↑

IrDAデバイス用ドライバの設計及び開発

  • 下記の開発
  • 赤外通信 (IrCOMM)
  • トランスポート制御(IrTinyTP)
  • リンク管理 (IrLMP)
  • リンクアクセス制御 (IrLAP)
  • 物理層 (IrPhy)
  • IrDA1.0 と IrDA1.1 対応用の設計及び実装
  • ボーレート(通信速度 2.4 Kb/sから 4.0 Mb/s)

トップ↑

バイナリフャイルをOMF形式に変換

  • OMF386形式変換用ソフトウエアの開発
  • 下記項目の変換:
  • ライブラリー、実行可能フャイル、デバッグバイナリファイル
  • オブジェクトファイルの抽象解釈及びローディング

トップ↑

プロジェクトの設計

  • VxWorks上で動作するVME共有メモリネットワーク構築
  • MPC740 CPUマスタとPPC6003スレーブシステムの接続
  • VMEバックプレーンを介し接読
  • 双方のシステムを介し接続

トップ↑



Copyright(c) iWave Japan, Inc. all rights reserved.